• ページの本文へ

    Hitachi

    新型コロナウイルスの感染拡大への日立の対応

    日立、新型コロナウイルスの影響が深刻化するインドに寄付を実施

    日立製作所および日立インド社は、インドへの支援を目的として、公益財団法人日本ユニセフ協会および現地の慈善団体などに計5,000万円の寄付を行うことを発表しました。

    詳しくはこちら

    日立、ニューノーマルに対応した新型エレベーターの提供を開始

    日立製作所と日立ビルシステムは、感染症リスクを軽減させる機能を備えた新型エレベーター「アーバンエース HF(エイチエフ)」の提供を開始しました。デザインは、世界的なプロダクトデザイナーである深澤直人氏監修によるものです。

    詳しくはこちら

    日立、非接触の「指静脈認証装置」を発表
    指をかざすだけで個人認証が可能に

    日立製作所は、独自の技術を活用した非接触の指静脈認証装置を発表しました。非接触で利用できるため、コロナ禍でも安全に個人認証をすることができるようになります。

    詳しくはこちら

    インフルエンザの流行をAIが予測、「流行予報サービス」の提供開始 新型コロナウイルスへの活用にも期待

    日立製作所は、AI技術を活用してインフルエンザの流行を予報するサービスを開発しました。この技術は、新型コロナウイルスの流行予報にも活用されることが期待されています。

    詳しくはこちら

    1分間で紙幣1,000枚を高速除菌 日立オムロンターミナルソリューションズ、「紙幣除菌装置」を開発

    日立オムロンターミナルソリューションズは、高速で紙幣を除菌できる「紙幣除菌装置」を開発しました。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、注目が集まっています。2020年12月から、国内外の企業への提供を始めています。

    詳しくはこちら

    新型コロナウイルスの感染拡大への日立の対応

    新型コロナウイルス感染症に罹患された皆さまとご家族および関係者の皆さまにお見舞い申し上げると同時に、亡くなられた方々に深く哀悼の意を表します。 
    また、感染拡大防止にご尽力されている皆さまには深く感謝申し上げます。

    日立グループは一丸となり、この危機を乗り越えるために貢献してまいります。

    新型コロナウイルスの感染拡大を受けた現在の日立の経営方針

    執行役会長兼CEO
    東原 敏昭

    日立のテレワークを活用した働き方改革

    日立グループは、従業員・家族・お客さまの健康を第一と考え、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けて、会社制度やITインフラの整備、従業員の健康管理やコミュニケーションの活性化などを行い、テレワークを推進するとともに、この仕組みをソリューション化してお客さまに提供しています。

    日立製作所の在宅率(PDF形式)

    テレワークに関する
    ニュースリリース

    日立のテレワーク
    ソリューション

    丰满老熟妇607080_中国老头和老妇TUBE野外_乳女教师欲乱动漫无修版_天天爽天天狠久久久综合